今日の一言 その246「縁」

おはようございます!!

本日もお越し頂きまして、ありがとうございます!

 

一言シリーズですが 

浮かんだ言葉を、ちょこっと書いてみます

 

「なぜ、白ご飯が食べられるのでしょうか?」
それは、お米があるから、です。

どのようにして?
ある田んぼに、ある農家さんが居て、、、
種から苗を育てて、
田んぼを耕し、
苗を植えて、
田んぼに水を入れて、
田植えをして、
肥料を与えて、
草取りをして、
稲刈りをして、
脱穀をして、
玄米ができ、
誰かが精米して、
卸売業者の誰かが購入して、
運送業者の誰かが運び、
小売業者の誰かが購入して、
運送業者の誰かが運び、
お米がお店に並べられ、
誰かがお米を買って、
5キロとかの重いお米を家に持って帰って、
水で研ぎ
お米を炊いてもらえたから、
目の前に白ご飯があるわけです。

どれだけの人が、どれだけの時間と、どれだけのエネルギーを注いだうえで、ご飯が食べられるのか。
それを当然と感じる人もいれば、有り難いと感じる人もいる。

もし白ご飯だけでなく、お味噌汁も一緒に並んでいたとして、お味噌汁はどのように?もし、そこに唐揚げなどのおかずがあったら、それはどのように??

ご飯とお味噌汁と唐揚げという一食を食べられるのは、当然なのか。有り難いことなのか。
一見、当たり前の日常は、実は、奇跡的確率によって成り立っている。
それが、縁
全てに原因と結果の因果関係があったとしても、白ご飯1品だけでも、多くの人が、多くの時間とエネルギーを費やしている。
では、日常の生活全体を成り立たせるのに関わっている人の数は?

投資された時間とエネルギーは??
人知を超えています

全てに因果関係はある。原因のないところには結果は現れない。
種が撒かれていなければ、実は出来ようがない。

全てに原因と結果があったしても、その因果関係は、膨大な数の縁によって成り立っていて、理性で正確に把握することはできない。

決して、自分1人の努力だけで世界が成り立っているわけではない。

全ては縁によって起こっているというのは、全ては「有り難い」によって成り立っているということであり、奇跡的な確率に囲まれながら生きているということ。

日常生活の中にこそ、本当の奇跡がある
奇跡を奇跡と感じられ、有難いを有り難いと感じられ、感謝を感謝と感じられるようになったときにこそ、更なる奇跡が起きるようになります。

豊かさ「感覚」が、豊かさを引き寄せる
自分は豊かで、
満たされていて、
与えられるものがたくさんあると感じられるようになれば、
その想いが種となり、
行動という苗を植え、
豊かさという実を結ぶ。
 

感謝の多い人は必ず成功します。
それは日常生活の中に奇跡を見い出せる人だから。
つまり、真実をありのままに観ることが出来る人だから。
縁とは、人知を超えた奇跡的な確率によるつながり

 

 

今日も素晴らしい1日を!

楽しんでまいりましょう!
ではまた♪

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です