「コーチングはいらない」


今日は「コーチングはいらない」のお話を致します

コーチが話す題名ではないですね。

でも自分に嘘はつけません。
自分に嘘を付き
他人に嘘を付く
そんなコーチを目指していません。

だから、言っちゃいます。

最後までお読み頂けると幸いです。

‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥
結局同じ事になる
‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

コーチングが、まるで新たな救世主で
コーチングが、これからの標準装備的な
感覚は、私はありません。

人生を真正面から真っ当に自分と向き合い
自分の本来の声に従い生きてきた人は
結局同じ事になるからです。

‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥
自分でこれに気が付くよね
‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

心の於ける先のステージの方達に
コーチングの話や本を読んでもらうと
当たり前のことしか書いて無いじゃん
って話しになるんです。

普通に生きていたら
こういう思考になるよねって
私も正直そう思います。

っというか、羽陽曲折ある中で
自分でこの形の思考になり
結果この想念になるよねって話です。
自分でこれに気が付くよねって

其々皆さん、その時には気が付かないけど
苦しい事も楽しい事も色々ある中で、
時間の程度はあれども
皆、此処に辿りつくよねと

そんな方には、コーチングはいらないのです。

‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥
コーチングが絶対ではない
‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

故にずばり、私は
究極的にはコーチングは
いらないと思ってます。

では、ちょっと
語弊があるので

コーチングを選ぶも使うも自由の道具 
コーチングが絶対ではないんだよ
という話しです。

‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥
全てあなたが必要としたイベント
‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

結局のところ、人生とは
全てがあなたが選び
あなたの為に起きています。

どんな環境
どんなイベント
どんな感情
どんな想念

その時のあなたに
必要なことばかりです。

それを一つ一つ
大切に受け止めていく

蔑ろにする時も
あるかもしれません

それさえ、あなたの選択であり
その結果を感じたい
それだけなんです。

‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥
幸せでなければならない
‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

それさえ、
決まりはありません。

確かに私は
人生に義務が
仮にあるのだとしたら

あなたを幸せにすることだと
常にお伝えしています。

その方が
人生を豊かに感じやすいからです

そして、
私は、あなたは常に
幸せなんだとお伝えしています

今ここ、この瞬間も、
目の前の世界は幸せに満ち溢れている
あなた自身は
本当は常に幸せであると

‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥
あなたの意識がこの世界
‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

あなたは常に完璧で
あなたは常に幸せで
あなたは常に満たされている
そんな存在であると

目の前の世界はあなたの内面の投影に過ぎない
あなたの想いがこの世界を呼び起こします
あなたの意識がこの世界を創ります

今この瞬間も
あなたが創っている。

あなたは常に完璧な創造主である
あなたが創ったこの世界

今ここ、この瞬間さえ
あなたが望んだ世界だったということです。

‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥
不幸さえあなたの選択
‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

今が不幸だ
今が苦しい
様々な苦労が周りにある
そんな想念

これさえあなたがやりたくてやっている。
これを感じたいということになります。

寧ろ
幸せと不幸
楽しいと苦しい
ポジティブとネガティブ

片方はいけない
片方が望みである
実はこれさえない
ありのままが全て

今目の前に起きている事象
これが自然の流れであり
それを
唯唯、受け止めていく

幸せに成らなければならない
望みを叶えなければならない
これさえ思い込みということになります。

‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥
本来は自分で気が付いていく
‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

コーチングとは自由に選択を出来る
気付きを与えていく技術になります。
あなたの生き方の指針ではありません
技術なんです。

今の現状を、
その個人がどう捉えているかは関係なく
今ここ、この瞬間を
本来のあなたは感じたがっているのに

外部から気付きを得ていく必要は
本来は無いのだと思います。

‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥
全てはあるがまま
‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

語弊があるかもしれませんが

人生苦しい人は
がんがん苦しめば良いと思います

人生辛い人は
がんがん辛く感じれば良いと思います

その分、その反対側に気が付くからです。

逆に、
人生楽しまなくてはならない
人生幸せでなくてはならない
そう思うから、
人生苦しく、人生辛くなるんです。

比較対象が無ければ、
それを計ることは出来ないからです。

無いから求めます
求めるから無い事に気が付きます

違います
全て在るんです。
そして
全て無いんです。

正解などありません。
全てはあるがままなんです。

‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥
其々のステージ
‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

但し、人にはステージがあります

マズローの欲求段階で言えば
生理的→安全→社会的→承認
この階段を一つ一つ埋めながら上ります。

この欠乏欲求ステージが満たされる事で、
その上の
→自己実現→自己超越
といった存在欲求ステージに達します

どの段階に於いても、欲求と向き合う過程ですが
段階ごとに、そのパラダイムが違います

算数・数学で言えば
足し算、引き算、掛け算、割り算を覚えて
分数、関数、素因数分解と進みます。

どの段階に於いても、事象を数理的に捉えた、
問題発見と解決の過程ですが
段階ごとに、そのパラダイムは違います。

人生も同じです
第1ステージ
<依存ステージ:他者依存・他者責任>

第2ステージ
<自己実現ステージ:自己責任・自己受容>

第3ステージ
<ニュートラルステージ:中心軸・あるがまま>
→第4→第5→etc

その段階に於いても、
その人の懸命に生きる人生の過程ですが、
段階ごとに、そのパラダイムは違います。

どれも順番に埋めていかないと
そのパラダイムを、
本質的に腑に落とすことは出来ません。

‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥
各ステージに向けた方便
‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

故に
私の話もステージ毎に使う方便が変ります。
そこに齟齬を取ることは無意味です。

スポーツや武術などで
先ずは基礎体力をつける為に鍛えます

筋肉という力を得た後、
その先では力を抜けと言われます。
究極的に脱力するというステージに至ります。

ええ??鍛えて力つけろって言ったじゃないですか!
言ってる事が違う!って意味ないでしょ?

‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥
各ステージを味わいきる
‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

其々ステージを、
其々の順序で必要性に応じて
身につけていくのです。

そして、味わいきる事で
腑に落ちるのです。

腑に落ちる事で、
次のステージに気が付き
次のステージに移る事が出来ます。

第1ステージの方が
第3ステージに移行することは出来ません。
移行した振りになります。

第2ステージで
自己責任の中、自己実現を繰り返し
自己受容・自己信頼が生まれていきます。

全てが、自分の思い通りと知った時
漸く、全てがあるがままだったと
観れる事が出来ます。

‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥
知っていると、やったは雲泥の差
‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

書籍や偉人に出会い
そのパラダイムを得ても
自身の中に腑に落とせなければ
それは解っていないと同義なんです。

実際の体感という、
物理世界に於ける究極の臨場感が必要です。

あるがままが完璧で
全てを持っていて、
今この瞬間が幸せなら
何もいらない

理論で解っていても
腑に落ちないなら
解ってないのです。

‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥
不足を感じるなら求めればよい
‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

ならば、求めてよいのです。
不足に感じることを求めてください。

やりたい事をやってください。
あなたの理想を叶え続けてください。

何れ、不足なんて無かった
今この瞬間のあるがままが
理想だったと気がつきます。

寧ろ、理想なんて無い
ただ、此処が此処にあるだけ
静かな世界がそこにあるだけ
あなたの観たいように観ていただけ
そしてあなたの観たいように観れるだけ

‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥
試しにやってみればよい
‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

「やりたくない事を努力する事をやめた方が良い」
これの理論で解っていても
腑に落ちないなら、解ってません。

では、いっその事
やりたく無い事を限界まで努力してみてください

そうすれば、
必ず体が動かなくなり、
遂には心のブレーカーが落ちます

それでも頑張ってしまうと、
あなたは生命の危機に至ります。

それでも頑張ってしまうと、
あなたの周りの大切な存在が生命の危機になります

それでも頑張ってしまうと、
あなたの周りの大切な存在を失います。

そこで、気が付く事になります。
やりたくない事をやってる場合じゃなかったと。

それがいつ、
あなたの目の前に起きるかは人それぞれです。
ある日突然それは起きます。

人によっては
息を引き取った、
脳に酸素が欠乏する刹那に
気が付くかもしれません。

‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥
あなたはやりたい事しかしていない
‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

いつ、そこに気がつけるかは
あなた次第ということになります。

それに良い悪いはありません。
何故ならその流れさえ、
あなたが創っているから

あなたがその流れを
感じたいからです。

それが結果的に
周りを巻き込む事になっても
あなたはその流れを
体験したかったのです。

結局、今までもこれからも
あなたはあなたのやりたい事しか
していないのです。

‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥
あなたの世界を日々生きる
‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

そして、人生には順序とペースが
人それぞれ在ります。

それもあなたが選んでます。

だから、究極に言えば
今のまま、そのまま日々をお過ごし下さい
って話なのです。

結局、いつか気が付きます。
結局、いつかそうなります。

ただ、それがいつか?
だけです。

常に真剣に自分と向き合い生きている人は
その速度が早い、それだけです。
それも、良い悪いはないんです。

‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥
時期を早める方法
‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

だだ、これを早めてしまうのが
先人の知恵、巨人の肩です。

そして、
その導きに特化した技術の一つが
コーチングなのです。

‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥
英知の想念とは行くつくところは同じ
‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

真剣に自分の人生に向き合い
取りこぼし無く、人生を味わっていく方は

外部からの学びなくして
結局、同じ理論、同じ哲学、同じ想念
最終的にはそこに自分で辿りつきます。

故に、英知に至る想念の話は
究極、どれも同じ話になるのです。

‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥
コーチングはズルっこ
‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

故に、はっきりいって
コーチングってある意味で
ズルっこなんです。

本来自分で経験して得る気付きを
先に得てしまうわけですから

新しいゲームを買う時に、
攻略本も一緒に買うようなものです。

新しいゲームをやる時に、
一度クリアした人に
教わりながらやるようなものです。

敢えてズルって表現しましたが
効率的な方法って事です。

それを選ぶかも、
あなたの選択なんです。

‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥
早く自分の人生を生きるには、コーチングは最適
‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

今の悩み、苦しみ、辛さに捉われてぐるぐる回る
もっと先に進みたいしやりたい事したいのに
何故か同じ毎日をぐるぐる回る。

環境が変っても、年月が流れても、形を変えた
同じ事がぐるぐる起こる。

そんなステージを早く脱して、
本来の自分の生き方をしたい。

そう願い、手を上げるのなら
コーチングは最適ですって話です。

‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥
修行の道を行く
‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

修行の道も、また楽しみ方の一つです。
敢えて、苦行の道を進みたいのなら
良いのです。

でも
そこに答えはありません。
それに、いつか気が付く時が、必ずきます。

釈迦でさえ
迷い、苦しみ、荒行という選択をしました。

その渦中、これに意味が無いと気が付き
瞑想に入り悟りを開いたと言われています。

その荒行体験コースを選びたいなら
それも選択です。

‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥
苦行に意味がなかったという言葉
‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

ただ、この話し、自論があります。
苦行に意味がなかったという言葉

これ、苦行をした方だから言える言葉です。
その本質、体感したから腑に落ちているんです。

人生の苦行を体感していない者が
語れる話ではありません。

コーチング理論では過去は関係ないと言いますが、
コーチの人生経験はその言葉に臨場感を生みます。

お渡しできる非言語のエネルギーが違います。
それを補う知識もまたエネルギーではありますが、
知ってると解ってるは違います。

クライアントに届くエネルギーの本質が違います。
この話はまた別途お伝えする日を創ります。

‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥
前半の人生とは確認の旅
‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

さて、話をまとめましょう。

この世界はあなたのあり方が
目の前に写し出されています。

そして、
あなたにとって常に最高であり、
元々満たされている。
そんな、あなたに気が付いていく、

この前半の人生とは
確認の旅でもあります。

今ここ、この瞬間が常に最高であり
あなたは常に満たされていたことに気が付きます。

‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥
<此処からが本当の始まりです>
‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

あなたの本当の輝きを、
更に、輝かせるステージに成ります。

あなたはあなたとの自己信頼を取り戻し、
次々とあなたに輝かしい未来が流れてきます

言い換えれば、
今ここに輝かしい未来が創造されていきます。
その輝きが影響力を生み出します。

この宇宙があなたに、
今までもこれからも、常に味方し、
あなたそのものであった事に
気が付いていきます。

あなたの素晴らしい価値が、
また、新しい価値を生み出していきます。

この宇宙に新しい宇宙を創造していく
存在となっていきます。

あなたが、
あるがままに、
ただ其処にいるだけでです。

其処に至るも至らぬも
全てあなたの選択なんです。

そこにたどり着く・・・いや、気が付くには、

あなたの今のステージを
其々、存分に向き合う事です。

‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥
肩を借りない個人の道
‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

そして、個人で進む道は
先の見えない長い道のりです。

ご自身の思い込みが
道を隠してしまうこともあるでしょう。

一つの道を極めることさえ、
人一人の人生では足りなかったりします。

でも、それを楽しみたい方は
私はそれで良いのだと思います。

‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥
軽やかに各ステージを進む為のコーチング
‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

自分が何処にいるのか
見失ってしまったり

もっと早く自身に
気が付いていきたい

あなたが
軽やかに各ステージを進みたい

であればコーチングは方法として
最適ですよって話です。

ガイドを付けた方が、
明らかに目指すところに
辿りつくのは早いです。

それはご自身では見えないところを
我々コーチは気付かせる事が出来るからです。

目の前が思い込みで見えなくなった時
あなたの変りに其処を指差します。

新しい世界は経験が無いので
観えることが出来ないからです。

その方の人生のステージにあわせて、
その方の目指される世界を照らします。

あなたはその道を進んでいく
事ができます。

‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…
他力本願
‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…

先にいる者の目や知識などの力を借りる、
絶対他力

その存在に自身のマインドを
引き上げてもらう

その結果、観えなかったその道が
同じ視野で観える様になります。

これは重要且つ有効な一つの方法です。

‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…
コーチングは方法論で技術でしかない
‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…

人生の全ては、
あなたが感じたくて、
体験したくて
あなたが創り出している世界です。

今ここ、この瞬間を、
分離世界の両極を味わいつくしていく。
流れるものをそのままに、ありのままに

あなたは常に完璧で
あなたは常に幸せで
あなたは常に満たされている
本来の姿です。

コーチングとは其処に戻っていく
その方法論の一つです。

コーチングは
哲学でも人生論でも
生き方でもありません。
信仰すべきものではありません。

コーチングは自由に選択を出来る
気付きを与えていく技術になります。
技術なんです。

使うか使わないかはあなた次第です。
コーチングは攻略本、ガイドみたいなものです。

‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…
結局は何処までいきますか?
‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…

ご自身で其処に辿り付ける。
其処までの見えない険しい道のりさえ
自分の全てで感じたいという方
自分で辿り着ける所までで良い方には

コーチングはいらない

結局どこまで
どの位の時期までに
行きたいですか?
そんなお話でした。

‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…

是非、あなたの心から目指したい人生を
自在に生きてくださいね。

最後までお読みいただきまして
ありがとうございます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です