焦りや不安から行動しない


不安とはそもそもが幻想です。

では何故其れが浮かぶのか?
この世界に生きているからです。
生きている限り、不安は顔を出します。

良い悪いを関係なく
我々は不安を含んだ、様々な感情を感じる為にもここにいます。

故に不安を感じる事に良い悪いはない。
ただし、支配されてはなりません。
幻想に支配されると本来を見失います。

不安を感じた時
あー不安を感じてるなぁ
で良いです

解決しなきゃ
なんとかしなきゃ
と振り回されない。

不安を基軸に努力に逃げない事です。
不安を始点に行動しない。

あなたの生きたい生き方は
不安に左右されては
なりません。

あなたの中の不安が
貴方の世界を創ってしまいます。
目の前に投射されてるのです。

不安が周りの人に役を与え
イベントが起してしまいます。
不安が現実化します。

故に不安から行動しない。
不安が浮かんだ際は、先ずは動かずに
振り払う行動ではなく、
あなたの内側へ目を耳を向けて下さい。

なぜ?不安なのか?
なぜ?なぜ?なぜ?
そこを観る。

あなたの中の不安を味わう
味わい切ります。
隅々まで味わう

感情は必ず飽きます。
飽きるまで味わう。

不安は思い込みや欠乏感から来ています。
そこが見つかったなら、向き合い、受け入れて、手放す。
見つからないなら、ただ味わい続けます。
ジャッジはしない。
ただ、味わう。

すると
ふっと、どうでも良いやってタイミングが来ます。
なんでこんな事に不安を感じていたんだろうってなります。
その不安に飽きたんです。

未来や願望
ゴールに対しても同じです。

ゴール側の自分にならなきゃと焦りだしたら、
それはもうhavetoなんです。

焦って行動してはいけない。
焦りは、ゴール側に行けない事の不安から来ています。
それはゴール側に行けない事を肯定しています。

焦って行動するとエネルギーを消耗します。
焦って行動するとその不安が外側から形となってやってきます。

不安と言う内部表現がそれを観せてきます。
不安が他人をドリームキラーにします。
ドリームキラーとは貴方の夢を諦めさせる者
それは全て貴方の不安が創ってます。

焦りを感じた時は
外に向けて行動をするのではなく
立ち止まり、内側を確認します。
そのゴールを達成している自分を確認します。

自分はゴールを達成して何をしているのか?
自分がゴールを達成してどのような気分でいるか?
思いつく限りイメージします。

ゴール側の自分となり、その情景や感情を味わい尽くします。
その自分に満足しきったところで、行動に移ります。
そこにもう焦りは無いはずです。

また焦りや不安を感じたら
立ち止まって
これを繰り返します

焦りが無くなり
ゴール側の自分に飽きた時
あなたはゴール側に居ます。
 
すると新しいゴールがもう観えています。
 
大丈夫ですよ?
 
最後までお読み頂きまして
ありがとうございます。


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

物質的な願望