気功師になった経緯

暖か過ぎる程の日々が続きますね☀️🌈

来週からまた寒の戻りとか?

ってか平日も祝日にして

10連休なんですか?😳

昨日知りました😅

世間知らずにも程がありますね🤣

 

さて、ご報告です。

先日のコーチとは、別のお話です。

  

実は

「気功師」にもなりました😳

  

はぁ!?😮

ですよね?

 

えー、私もそんな話を目の前で話されたら、

「お可愛そうに、、、」😭

って思います。って思ってました😅

  

そんな私が、気功師になった、経緯と、そして、未来を少しだけお話したいと存じます🌱🌌

 

あー…

書いてみたら長くなりました🌈

あやや、、、🤭

 

私ごとたっぷりの話ですが、

ご興味のある方はどうぞ😌✨

 

社会的常識という強いブリーフで読むと、偏見の目でしか読めません😐

 

「俺はそうは思わない」とか出来るだけ無しで、一つの物語的に、自我を超えて読んで頂けたら、幸いです😔✨

 

「まあね」の精神で、

宜しくお願い致します🤣

 

以下文章

 

私は勤め先を妻と共に退官し、花を生産して、沢山の方に幸せと元気を届け様と、妻と共に今の仕事を始めました。

 

全く無知の世界で、何も知識の無いスタートで、学びの日々でした。

しかし、元気を届けたいその一心で、元気な花を目指し、其れに集中する日々でした。

 

あるお客様から、</p >

「育児に悩み、気がつくと子供の足を抓ってしまい、そんな自分を責める苦しい日々を過ごしていましたが、岡崎さんの花を飾ったら、そんな気持ちが湧かなくなり、落ち込んでも花を眺めると気持ちがジワッと幸せになり、子供が愛おしくて毎日楽しいです」

と頂き、我々の目指すところに間違いがなかったねと、喜び合いました。

 

三年目には農林水産大臣賞を頂き、その後も様々な賞を頂ける様になり、新聞や雑誌でも取り上げて頂ける様になりました。

 

様々な方のお陰様で、マーケットでも評価を頂き、沢山の店舗様や大きな会社様から、お声を掛けて頂ける様にもなりました。

 

そして、私の目線は外に向き始め、グループを結成し幸せの共感をPRしたり、協会理事や県会長などに就任し、新しい流れを創りだそうと躍起になりました。

 

そして、花に関しても、皆様が期待してくれているから、「更に品質が良く、更に評価の高い花を沢山生産せねば」と考える様になり始めていました。

 

そうです。

 

wantto 〜したい

haveto 〜しなければ

 

に変わっている事に、気が付けなかったのです。

 

徐々に妻の体調不良が、目立ちはじめます。

始めは忙しいからだと、従業員を増やしました。

当然ながら経営的に規模が広がります。従業員のおかげで、仕事量は減りました。

 

しかし、妻の状態は悪くなる一方です。

 

遂に妻は倒れ、時折寝た切りになってしまいました。愕然とします。

色々な病院を探し通いました。しかし、対処療法のみで、仕方ないとしか言われない。

  

世界に幸せと元気を届ける事を目指し、最後に妻を失うなんて有って良いものか!?

 

そして

「何か歯車が欠けている。」

その帰結に至り、様々な学問や偉人達の教えなどを学びました。

遂に、認知科学、脳機能科学に行き着きます。此処でコーチングに出会います。その話はまた別途。

 

其処で大きなパラダイムシフトが起き、改めて西洋哲学や東洋哲学を学び、気功という情報操作の概念を認知します。

 

此処で気功の説明をすると、既に長い文章が、一冊の本になってしまうので簡略化しますが、「気」とは情報の事であり、「功」とはコントロールの事です。

 

様々な情報を認知し、コントロールする為の一つの形式であり視点です。

 

書籍で学ぶには限界があると感じ、直接話を聞き、出向き、妻に何が起きていたかを、その時点で観る事が出来ました。

その際に、親身に相談に乗って下さった皆様方には、感謝の念に堪えません。

 

さて、その視点で振り返ります

 

当初、妻と私は、花で幸せと元気を届け様と、其れを想像しながら、楽しんで仕事をしてました。

 

その想いがエネルギーとなり、妻が花に其れを宿していた為、当方の花には違った魅力がありました。妻には元々、意識をせずともエネルギーを扱う力が強かったのです。

 

しかし、私が外に目が向きます。

 

そして、外部に応えなければと戒律が内部に生まれます。

 

want toはhave to になり、創造的エネルギーを失います。

 

しかし、妻は常に元気な花を求めます。私は外を向いてしまい、外部の期待にやらなくてはの状況で、与えられるものは、妻自身のエネルギーでした。

 

妻の花に、エネルギーを感じて頂いたのは当然です。妻が命を削り、其のエネルギーを花に宿していたからです。

 

従業員を増やし、仕事が減っても、面積が増える事で、エネルギーを別ける量が増えていました。

 

妻は自身のエネルギーを使い続け、徐々に息も浅くなり、体を壊し、時には1ヶ月近く全く動けなくなったりもしました。

 

半信半疑は拭えませんでしたが、理論が一致する。

 

理論から入る当時の私としては、学ぶ価値があると認識しました。

 

そして施術を受け結果がでる。

その後、自身も学び、妻も学びました。

理論を理解すれば、理解する程に回復し、実践を繰り返しました。

 

そして、妻は様々なエネルギーの力をコントロールが可能となり、今は元気に新しいゴールへ向かい走ってます。

ペット達も毎日病院通いでしたが、我々が施術する様になり、病院に通う事は無くなりました。

 

其処で、私達の「皆さんに元気と幸せを届けたい」気持ちに、この気功の技術が更に使えないかと思うに至ります。

 

また、友人が倒れる一報があり、今の技術では全然足りないと、更に学ぶ様になりました。

 

気が付けば、私は「気功師」になっていました。

 

そして、妻は更に高い抽象度に上がり始め、様々なエネルギーの扱いが優秀な人になっちゃいました。

 

さて、誰もが気は普段の生活で、普通に活用しています。

 

あの気功師は気が出ていない。私こそ本物だとか、口にする気功師は、気のなんたるかを思い違えてる方だと思ってます。まぁ、上手い下手はあります。

 

ただ、特別な事ではないのです。

 

普段の生活で無意識に扱っている「気」を認知し、自身でコントロール出来る様になる方法の一つが「気功」です。

 

勿論、医療気功などになりますと、人体の構造が全てわかり、更に高い抽象度が必要になりますし、気功の理解が高く、熟練されている方のほうが効果は高いです。

 

しかし、自身が気を理解して、コントロール出来る様になると、自分で身体をコントロール出来る様になります。生活をコントロール出来る様になります。

 

そして、

 

己の人生を自身で選択出来る様になります。

其処はコーチング理論が技術として有りますが、現代気功はベクトルは同じ概念です。

 

学びは続きますが、

この知識や技術を、本当に必要とされる方にお伝えしていきたいと思っています。

 

勿論、守秘義務がある概念も有しますので全てとは行きませんし、他に口外しない事を、お約束を頂ける方に限ります。

 

其処には理由があり、意味がありますが、今回は割愛致します。

 

さて、コーチング理論では、過去は関係なく、時間は未来から流れて来る。故に過去に囚われる必要は無く、目線は常に未来へ向けて今を生きるが基本になります。

 

此れは古代インド哲学(アビダルマ哲学)では当たり前で、現代分析哲学の時間論に於いても、其処に帰結してます。

 

故にコーチである私が、過去を話す事に、抵抗感がありましたが、皆様に臨場感高く、ご理解頂くには、この方便もまたありかなと書かせて頂きました。

 

最後に

内容にご理解頂けない方は、どうかスルーして下さい。双方、貴重な時間の無駄になります。

 

何か感じられた方は、此れからも時折投稿致しますので、お付き合い下さいませ。メッセージ頂いても構いません。

 

なお、気功は万能ではありません。

それは、医療が万能では無いのと同様です。

 

全ては、その方のゴール次第です。

 

最後までお読み頂きまして

ありがとうございます🌈🤗💫

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

雑草