今日の一言 その247「無心」

おはようございます!!

本日もお越し頂きまして、ありがとうございます!

 

一言シリーズですが 

浮かんだ言葉を、ちょこっと書いてみます

 

心が何ものにもとらわれていない状態。
相対的な積極ではなく、「絶対」積極。

外の環境、他人、出来事を基準に心の状態が決まるなら、心の状態はぶれます。他人の評価や結果ほど当てにならないものはありません。外も内も天気のようにコロコロ変わってしまいます。

「無心」。基準を外ではなく、内に持っている。いつも同じ状態でいる。無心とは頭でまったく何も考えていない状態ともいえます。

頭で色々と考えているのは最高の状態ではありません。考えているという時点で、迷いがある。

人は、考えるときに、必ず、自分が理解できる範囲まで情報量を落とします。物事を断片化し、単純化します。

極めて少ない情報量の中から何とか上手くいく方法をひねり出そうとしている。

人間なので、「考えるな!」と言われても考えてしまうものですが、知っておきたいのは、考え始めた時点でそれは理想の状態ではないということ。最高の状態は無心

頭の中で自分の声がしない状態です。
何も考えていない。故に、迷いがない。
行動に、瞬発力と力強さがある。
ただ感じるままに、身体が動いている状態が理想です。

学びによる情報量も、考えた情報量も、宇宙の知性からの直観に比べたら、あまりに微量です。人がどれだけ頑張って何かを創っても、自然が織りなす無限のグラデーションの方が圧倒的に上。

学んで一生懸命に考えたから、いい判断が出来るわけではなく、「無心」で受信した直観の方が沢山の情報量を含み、正確なのです。

無は、何もないのではなりません。
表面上無いように見えるだけで、実際は、膨大なエネルギーを含んでいます。
無は、無限。

余計なことは、しゃべらず、
余計なことは、行動せず
余計な情報を入れず、

沈黙と静寂の中でこそ、着々と「無心」を創り上げていく。
無心の状態で、いつも冷静かつ適切な判断ができる状態が、本当のポジティブ。
その無心から生まれる行動は、直観によるもの。

無心であれば、人生を宇宙の叡智と共に歩めるのです

 

 

今日も素晴らしい1日を!

楽しんでまいりましょう!
ではまた♪

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です