経営学 その125「経費の変化」

本日もお越し頂きまして、

ありがとうございます

 

本日は

「経費の変化」

についてお話出来ればと存じます

最後までお付き合い頂けると幸いです

 

「売上げ-経費=利益」

①     経費 下がる

②     供給 上がる

③     価格 下がる

④     需要 上がる

⑤     市場拡大

 

経費が小さく成る要因

①     規模の経済性

企業や工場で生産量を増大させることによって,生産量あたり必要な投入量が減少し,生産量一単位あたりの平均費用が低下するとき,規模の経済が存在するという。 したがって,規模の経済が存在すれば,大量生産によって利益が生ずる。

 

②     経験曲線(作り続けるほど生産性が向上)

ある製品の生産を始めてから、累積生産量の増加に伴って単位あたりの総コスト(製造コストに加えて販促費などの間接費も含む)が低下していくことをモデル化したもの。多く生産すれば、その分社内でのその製品についての学習・専門化などが進み、その結果効率が向上する、より低いコストでの生産・販売が可能になることを示したものである。

 

先行者利益の仕組み

①     経験曲線

②     規模の経済性

③  市場の飽和と共に消滅

 

 

最後までお読み頂きまして、

ありがとうございます

では、また

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です