今日の一言 その87「素晴らしい朝」

おはようございます!!
本日もお越し頂きまして、ありがとうございます!
 
一言シリーズですが 
浮かんだ言葉を、ちょこっと書いてみます
 

 

「理想的な一日」を過ごしたいのなら

 

「素晴らしい朝」を迎えること

 

その為には

夜は きっちり「寝る」!

 

一日の刺激に興奮している常態で

床に入ってはいけません

考え事をしながら 気持ちを落としながら 寝てもいけません

 

穏やかな気持ちで

楽しい気分で

寝る

 

心身を充分にリラックスさせ

床につくと深い眠りになります。

 

比較的短時間の睡眠でも、

心身が完全に新しく甦らせた状態で、

朝を 清々しく 起きることが出来ます。

 

1日のスタートの朝の気分がいいので、

1日全体を爽快に過ごすことが出来るのです

 

気分の良い朝を迎えると 

気分の良い一日になるので

視点が ポジティブになります

機会などのチャンスに 

目が行く1日となり充実します

夜は将来に向けた時間で 

気持ち等々の整理をすることが出来、

リラックスした状態で

夜も 心地良く眠ることが出来るのです

次の日 気分の良い 朝を迎えます。

 

しかし

 

前日の夜の対応が悪く

気分の悪い朝を迎えると、

気分の悪い1日になるので

視点が、ネガティブになります

悪いところに目が行く一日となり

夜は そのストレスを発散に

時間を浪費してしまい

興奮したまま  床に尽いてしまいます

次の日 気分の悪い 朝を迎えます

 

悪循環

 

全ては前日の夜の過ごし方に尽きます

 

夜しか時間が取れなくても、

夜に積極的な活動をしたくても

その気持ちをグッと抑えて、

どれだけ心身を充分に休める

時間を創ることが出来るかです

 

時間は大切です

しかし、頑張るべき時間は

次の日の午前中や午後であって、

深夜ではありません。

 

時間の効果=時間の長さ × 集中力

時間において大切な要素は、長さの他に集中力があります。

短い時間だったとしても、集中すれば、高い効果を生み出すことが出来ます

深夜は 脳が疲れていて集中力が一番下がっている常態です

思い切って夜は 心身を休めて

十分にリラックスさせる時間だと割り切る。

 

前日の夜、心身をリラックスさせる時間を創る

深くて質のいい睡眠で、心身を完全に新しくする

朝気持ちよく起きる

 

リラックスさせる時間は 寝る前の30~1時間程度が理想です

この時間を取れるかどうかで 翌日の1日が まるで変わります

 

ストレス解消に刺激に興奮するのではなく、心身をリラックスさせて 落ち着かせて寝る

 

寝る前のお酒は 実はあんまり良くないのです。脳が興奮状態に向かうので 眠りが浅くなります

酔っぱらって寝るとか 脳には良くないのです  常習は睡眠障害に成る可能性もあるので最悪です

お酒の後は 3時間以上空けてから寝るようにすると、興奮が収まります

 

 

前日の夜どのように過ごせば、次の日の朝を理想的に迎えられるか?
 

寝る前30分~1時間は

心身を興奮・覚醒を抑えて、

リラックスさせる(β派→ α派)

 

深く眠る時は 深く眠る
そして、素晴らしい朝を迎える

 

チャンスに目が行く 

素晴らしい1日になる。

 

頑張る時は、

限界を超えて思いっきり頑張る

メリハリ 

そのものを習慣化にする。

 

気持ちの良い 朝で 

素晴らしい一日を!!

 

 

 

今日も1日頑張りましょう!!
 
ではまた♪

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です