経営学 その25「システム=仕組み」

こんばんわ!
本日もお越し頂きまして、ありがとうございます。
 
本日は
「システム=仕組み」
についてお話できればと存じます。
 
最後までお付き合い頂けると幸いです

 

1.管理システム

機械化、ネット化、自動化、組織化する

①     人事システム

募集・採用・教育を一元化する

 

②     経理会計システム

税理士に依頼 会計ソフトの導入

 

③     志決定の仕組み

毎回会議か? それとも トップが決定し伝達するのか?

 

④     計画策定の仕組み

毎度新しいフォーマットを使って計画策定するのか?

それとも

決まり切った公式化されたフォーマットに当て嵌めていくのか?

 

 

2.仕組みがない場合

①     その場その場対応

②     精神論 努力根性気合い

③     成果にばらつきが出る

 

会社の倒産するパターン

10年以上生き残れるのは1%

①起業5年までに 90%が倒産

倒産理由 資金繰りの失敗

対 策  情熱 努力根性気合い

 

②起業10までに 更に9%が倒産

倒産理由 熱意の低下 燃え尽き

対 策: システムの構築

 

 

経営資源が足りない中でも

常にシステムを創っていくことが重要

 

3.良い管理システム

①     簡素

複雑なものは浸透しない。特殊な技術知識が必要とかでは駄目

シンプルで誰でも簡単に活用出来るもの

②     小さな投下資源で、大きな成果が出せる仕組み

 

「どの様な仕組みを創るか?」

何を 重要業績指標(KPI)するのか?

数字で測定することが大切

その企業の分野や方向性で それぞれの焦点は変わります。

①     どの様なビジネスモデルなのか?

②     成長ステージの何処にいるのか?

③     競合との力関係はどうか?

 

例:

<営業面>

売上高

顧客数

客単価

<管理面>

稼働率

不良品発生率

離職率

 

 

重要業績指標(KPI)が決まると

①     創るべきシステムが明確になってくる

②     高い目標に向けて、手本にすべき優良企業が決まってくる

③     重点的に管理すべき対象を絞り込むことが出来る

 

 

システムを創らなければ、

その会社は10年20年と長期的に成長することは出来ません。

持続的に成長するためには システムの構築は必須です

各部門のシステムを 必ず導入しましょう。

 

最後までお読み頂きまして ありがとうございます

それではまた

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です