経営学 その15「革新型ビジネス」

こんばんわ!

本日もお越し頂きまして、ありがとうございます。

 

本日は

「革新型ビジネス」

についてお話できればと存じます。

 

最後までお付き合い頂けると幸いです

 

 

<革新型ビジネス>

今までに無かった市場を見つけだすビジネス、新しい競争ルールを導入し、顧客に新たな価値を提供するビジネス。

ブルーオーシャン戦略

 

1.新しい市場を創出する

自社(Company)→市場・顧客(Customer)

 

 常識に囚われず新しいビジネスモデルを発想・発見できるかが、大きなポイントとなります。

例 今までも有った商品ですが、顧客が変わった

  今までも有った商品ですが、提供する相手が変わった

 

① 誰に

(例:専門家向け商品 → 個人向け)

 

②何を

(例:OfficeComputer(オフコン) → Personal Computer(パソコン))

 

③どの様に提供し

(例:実店舗 → インターネット店)

 

④利益を生み出すのか

(例:サービス提供による利益 → フリー戦略三者間市場による広告機会利益)

 

⑤ 如何に顧客に価値を感じて貰うか?

認識価値の新たな創造 認識価値を変える

(例:水道水 → ミネラルウォーター)

 

2.新しい競争ルールで新しい価値を提供する

    自社(Company)→競合(Competitor)

 

 「競合相手に如何に勝つか?」

 

①     フリーミアム

(フリー戦略 例 クックパッド Dropbox 様々なアプリ等々)

 

②     圧倒的低コスト戦略

(コストリーダーシップ戦略 例 格安航空会社 ユニクロ すき家等々)

 

③     圧倒的付加価値

(差別化戦略 例 アマダナ ライザップ 吉野屋等々)

 

④     圧倒的利便性

(無類の利便性 例 コンビニエンスストア アップル等々)

 

⑤     市場シェアの独占

(独占することで利便性が生まれる 独禁法の逆の状態が生まれている 例 Google アマゾン等々)

 

⑥     参入障壁の構築

(法律権利 優秀な人材 時間の蓄積 情報の蓄積)

 

 

 

次回は この革新型ビジネスの留意点をお話したいと思います

 

最後までお読み頂きまして、ありがとうございます。

ではまた。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です